肋間神経痛を疑うときは

胸に痛みを覚えたとき、この痛みが何が原因で起こるものなのか、大きな不安を覚えることがあると思います。

胸の痛みには、肋間神経痛をはじめ、様々な原因があります。

まず、痛みの原因を突き止め、自身の痛みのサイクル、痛みの症状を把握し、医師にその症状を伝えることが、改善へ。

肋間神経痛の症状は、主に、肋骨に沿っての痛みがあり、息を吸うだけでも痛みが生じる、話すと痛みを感じる、突然に差し込む痛みがあるなどです。

これらの胸の原因は、痛みの程度によって原因は違ってきますが、神経痛のように激しい痛みが走るのは、帯状疱疹の場合が多いそうです。

この帯状疱疹が要因となり、肋間神経痛を発症する場合があります。

肋間神経痛のほかにも、狭心症、心筋梗塞も疑われる場合がありますので、痛みを感じたときは、早めに医師に相談されることをおすすめします。

◆参考サイト:つらい肋間神経痛を治したい